文科事務次官通知における学校事務職員の職務

2017年に学校教育法は一部が改正され、学校事務職員の職務規定も変更されています。その際に出された文部科学事務次官通知が、学校事務職員の職務について触れています。


 文部科学事務次官「義務教育諸学校等の体制の充実及び運営の改善を図るための公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律等の一部を改正する法律等の施行について(通知)(28文科初第1854号)」(2017年3月31日)より抜粋


 「子どもをめぐる教育課題が複雑化・困難化する中、学校の指導・運営体制を強化するとともに、地域住民との連携・協働を含めた学校運営の改善を図ることにより、学校機能強化を一体的に推進することが重要である」


 この抜粋部分から、今回の学校教育法の改正の目的が、「複雑化・困難化している教育課題に対応」するための「学校運営の改善を図る」ことによる「一体的な学校機能強化」にあることがわかります。


 「学校組織における唯一の総務・財務等に通じる専門職である事務職員の職務を見直すことにより、管理職や他の教職員との適切な業務の連携・分担の下、その専門性を生かして学校の事務を一定の責任をもって自己の担任事項として処理することとし、より主体的・積極的に校務運営に参画することを目指すものである」


 この抜粋部分は、3つの読点で区切られた4つのまとまりから成る文です。1つ目のまとまりと4つ目のまとまりから、学校事務職員の職務規定の見直しの目的が、学校事務職員の主体的・積極的な校務運営への参画促進であることがわかります。「事務職員の主体的・積極的な校務運営への参画促進」は1つ目の抜粋の「学校運営の改善」の1つであると考えられますので、「事務職員の主体的・積極的な校務運営への参画促進」は、当然「複雑化・困難化している教育課題に対応」するためのものであり、また「一体的な学校機能強化」の一環として求められていると考えられます。

 2つ目の読点の前の2つめのまとまりには、「管理職や他の教職員との適切な業務の連携・分担の下」とあります。「指導」についての業務を学校事務職員が管理職や他の教職員と連携・分担することはありませんので、ここで言う「業務」は「学校運営業務」を指します。『学校教育法における学校事務職員の職務規定』にも記しましたが、膨大な学校運営業務のすべてを、学校事務職員だけで直接担うことを求められている訳ではありません。学校事務職員は学校運営業務について、管理職や教員等と連携・分担することが求められています。そして、この続きが大事です。2つ目の読点の後の3つ目のまとまりには「その専門性を生かして学校の事務を一定の責任をもって自己の担任事項として処理する」とあります。わかりやすく言い換えるとすると、「その専門性を生かして、学校の運営業務を、一定の責任をもって、学校事務職員の担当業務として処理する」ということであると思います。管理職や教員と連携・分担はするが、学校事務職員は学校の運営業務全般について担当業務として担うということであると思います。


 「今回の改正により、事務職員に過度に業務が集中することにならないよう、共同学校事務室の仕組みの活用等も含めて業務の効率化を進めるとともに、新たな職務を踏まえ、資質、能力と意欲のある事務職員の採用、研修等を通じた育成に一層努めること。」


 この抜粋部分から、文科省が、今回の職務規定の改正により、学校事務職員の職務が拡大され、職務が新しくなったとしていることが明確にわかります。また、そのことによる過度な業務集中については、業務の効率化や能力と意欲のある事務職員の育成をもって防ぐことを想定しており、具体的には共同学校事務室や研修等を挙げています。


 共同学校事務室等による業務の効率化や学校事務職員の育成については、『学校事務の共同実施・共同学校事務室』に記しています。


 学校事務職員の職務が「学校運営業務を取り仕切ること」 であることの法令上の根拠については、『学校教育法における学校事務職員の職務規定』に記しています。


 2019年に出された中教審答申「新しい時代の教育に向けた持続可能な学校指導・運営体制の構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策について」が、第4章・第5章で、学校事務職員の職務について触れています。それについては『中教審答申における学校事務職員の職務』に記しています。


 2020年に文科省は「事務職員の標準的な職務の明確化に係る学校管理規則参考例等の送付について(通知)」を出して、その別表で標準職務の表の例を示しています。それについては、『学校事務職員の職務の明確化通知』に記しています。

学校事務職員がより上手く学校運営業務を回すことで、学校は子どもたちにより充実した教育を提供することができる !

ご助言や励まし、ご質問やご相談、学習会や交流会へのお誘いなどありましたら、ぜひご連絡ください。

enbunhokyu★gmail.com
twitter ID:@gakko_jimu_w

Powered by Webnode
無料でホームページを作成しよう!